• トップ /
  • 相続トラブルの相談なら

相続トラブルの相談は弁護士に

人が亡くなると、亡くなった人の所有していた財産は遺産となり、その配偶者や子供たちに引き継がれます。亡くなった人が遺言を作成している場合には、その遺言の内容のとおりに遺産の分配が行われますが、遺言が無い場合には配偶者や子供たちが協議(遺産分割協議)してその分割割合を決定していきます。この話し合いの際に相続トラブルは発生します。もしも相続トラブルが発生してしまった場合には、早急に弁護士などの専門家に相談することが得策と言えるでしょう。当事者間で解決しようとしても、お互いが感情的になってしまうからです。

大阪の弁護士・加村淳一郎

愛和法律事務所の代表弁護士・加村淳一郎は、東京大学卒業後、一般企業での勤務を経て、慶応義塾大学法科大学院を卒業し、2009年からは関西大学アカデミックアドバイザーに就任しています。大阪の北新地にある愛和法律事務所では、「ひとりひとりにまごころを込めて」をキーワードに、初めての方も安心して相談できるような配慮がされています。借金問題、離婚問題、労務関係、遺言・遺産、交通事故などほかにも幅広い依頼に対応しています。

↑PAGE TOP