• トップ /
  • 弁護士に高い費用がかかる理由

法律の専門家である弁護士

何かトラブルがあったときに頼れる法の専門家が弁護士です。知識や実務経験が豊富な専門家ですが、その分、費用は高くなることが多いです。例えば、相談をするだけでも、30分や1時間あたりに5,000円ほどかかるような場合が多いですし、そこまで難しくないような案件の場合でも、何十万円かの予算がなければ依頼するのが難しいのが実情です。このように費用が高くなる理由の一つに、対応できる業務が多いことがあります。例えば、弁護士以外にも司法書士、行政書士といった法律に精通している職業はあるのですが、実際に行える業務に違いがあります。司法書士の場合ですと、不動産の登記といったように、登記の業務がメインになります。また、行政書士の場合は、書類作成の相談や依頼がメインです。これらの仕事では、できる業務には重複する部分もあるのですが、弁護士は幅広い業務を行うことができます。また、代理人になって交渉したり、高額な案件の実務を行う場合は、基本的には弁護士のみの仕事内容になります。扱える業務内容が幅広く、また高度な法律知識を有するため、弁護士に依頼する場合には高額な予算が必要になります。もし費用に不安がある場合は、法テラスなどを利用してみるのもよいでしょう。

↑PAGE TOP